ウォーキングには健康増進、生活習慣予防などの効果があります

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

ウォーキング(運動療法)

ウォーキングは気軽にできる有酸素運動です。健康維持に取り入れましょう

運動前のストレッチウォーキングを楽しみながら毎日行うことにより、健康維持・増進や体力維持・増進につながります。上手にライフスタイルにとりいれることにより、健康的な生活が送れます。ウォーキングのは、糖質と脂質を効率良く消費して、体脂肪の燃焼率を高くするため、内臓脂肪を減らすのに効果的な有酸素運動です。降圧効果や脂質代謝、糖質代謝の改善にも有効です。実際にウォーキングをする際は、歩く速度を調節して、身体に無理のない程度の運動を心がけ、毎日20分以上を目標にウォーキングを行うと効果的です。また、ウオーキングは運動の強さが低~中程度(50%強度以下)の強さのため、一般に安全で無理なく行えます。

ウォーキングを行う際の注意点

ウォーキングが健康に良い事は知られていますが、当然注意点もあります。高齢者や運動不足で体力が極端に低下しているケースでは、ウオーキングであっても高強度の運動になる場合があります。いくらウォーキングといえど、高強度の運動では無酸素連動となってしまい、有酸素運動で得られるような健康効果が期待できにくくなるばかりか、急激な血圧上昇を招いて、心臓や脳への負担を大きくします。また、ウォーキング中、足腰の弱っているお年寄りや極度の肥満者では、膝関節や足首などへかなりの負担をかけることになり、関節の障害を起こすことも多々あります。ウオーキングといえども無理は禁物です。足腰の関節に痛みや違和感がない程度に運動の強さや時間など基本的なきまりを守って、楽しく行っていきましょう。

スポンサードリンク