体質や年齢(加齢)により高脂血症の危険性が高まります

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

高脂血症になりやすい体質や年齢

家族に高脂血症の人がいると

夫婦
自分の家族に高脂血症の人がいる場合には、自分も高脂血症になる可能性があります。
これは、体質的に脂質の代謝がうまくできないことがあるからです。
両親や兄弟だけでなく、近縁者に高脂血症の人がいないかどうかを知っておくのも大切なことです。
自分が体質的に高脂血症になりやすかったり、あるいはなってしまったりした場合には、医師と相談して、適切な対処をしましょう。また、日常生活でも、食事や運動などで少しでも高脂血症の危険因子を減らすようにしましょう。

年齢が上がると高脂血症の危険も高まる

高脂血症も年齢が上がるとかかりやすい危険度は高まります。加齢によって、身体のさまざまな機能が衰えを見せ始める中年期を越えると、生活習慣との関係もあって、男女ともにリスクが高まりますが、だいたい50歳代くらいまでは男性の方がリスクは高いのに対して、女性は、閉経後に男性よりもリスクが高くなることが、統計的にも分かっています。

スポンサードリンク