高脂血症の予防と改善につながる、ストレッチやラジオ体操について(運動療法)

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

ストレッチ(運動療法)

ストレッチングはだんだんと硬くなってくる筋肉や筋を柔らかくしてくれて、関節がスムーズに動くようになりますので、運動前にケガの防止に重要です。筋肉が硬くなると、血行不良、老廃物の蓄積、疲労の蓄積がおこりやすくなったり、筋断裂などのケガ、肩こりや筋性の腰痛などを引き起こします。そうならないためのストレッチですが、無理は禁物です。楽しくきもちよくできるほどが理想です。

ストレッチングの方法

弾みをつけないでゆっくりと伸ばす
伸ばしている筋肉に軽い緊張を感じるところでやめ、0~30秒保持
伸ばしている筋肉や腱、関節に意識を集中させ、通常の呼吸を心がける

ラジオ体操の高脂血症解消効果

ラジオ体操は、ウオーキングなどと同じく、高脂血症の改善が期待できる有酸素運動

ストレッチ
ラジオ体操は、運動強度があまり高くなく、全身を使って、誰にも行える内容で構成されています。継続的に行うことができ、運動不足で体力の低下している高脂血症者や高齢者の人が始めて行うには手軽でしかも無理なく取り組むことのできる運動です。
ラジオ体操の動作の中には、各所の筋肉や腱を伸ばす運動が含まれているため、柔軟性の維持向上に役に立ちます。また、身体を動かしたり、保持したりすることで、適度な筋力トレーニングになります。血液循環を促し、気分のリフレッシュ効果もあります。

スポンサードリンク