ストレスも高脂血症の原因のひとつです。ストレス解消法をみにつけよう

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

ストレスと高脂血症

高脂血症の原因にはストレスも関係しています

ストレス
現代はストレス社会といわれていますが、そのストレス過剰により免疫力が低下します。それにより顔色不良、食欲不振、倦怠感、片頭痛、動機、息切れ、毒麻疹、胃痛、性欲減退などの症状が現れます。
ストレスを受け取ると、交感神経は剰激され、カテコールアミンと呼ばれるホルモンが副腎から分泌され、血圧や尿酸値、血糖値を上昇させ、血中コレステロール、中性脂肪を増やします。そして酸化されたLDLコレステロールを増やし動脈硬化を促進することが明らかになっています。

ストレス解消法

ストレス解消法には様々な方法がありますし、正解はありませんが、ウォーキング、水泳、社交ダンスなど軽い有酸素運動や、カラオケ、ゴルフ、旅行など趣味や、深呼吸、音楽を聴いたり、半身浴をすることによって、副交感神経を刺激して心身の緊張を緩めストレスを解消することができます。

ストレスと性格について

A型タイプ(真面目で凡帳面で、仕事一筋の、完ぺき主義者)

几帳面で完璧主義者のA型は、ストレスの影響を受けやすいといわれています。
ストレスは、生まれつきの性格や行動パターンに深く関係があることが分かっています。
A型タイプの人は心筋梗塞を始め、さまざまな疾患を起こしやすいことが分かっています。

B型タイプ(マイペースで楽天家)

物事にあまりこだわらないマイペースの楽天家はストレスを受けにくいと考えられています。

スポンサードリンク