タバコは高脂血症だけでなく様々な病気の原因

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

禁煙と高脂血症

喫煙により、【肺気腫】、【脳梗塞】など【動脈硬化性疾患】や【肺がん】、【心臓病】、【呼吸器疾患】の発症のリスクが高くなります。

喫煙は100害あっても一利なしです。タバコに含まれるニコチンが交感神経を刺激し、HDLコレステロール値が減り、血中総コレステロール、中性脂肪値が増えます。その結果様々な疾患の原因となります。

受動喫煙について

煙受動喫煙を理由に【分煙】や【路上喫煙禁止】など掲げられていますが、それだけタバコの煙に害があるということです。実際に、受動喫煙は【流涙】、【頭痛】、【肺がん】などの危険性が高まることが明らかになっています。
喫煙者が直接吸っている酸性の主流煙と比べ、タバコの先から立ち上がる副流煙は、アルカリ性でタール、ニコチンを始めとする有害物質が多く含まれ周りの人の健康も阻害します。

禁煙メリット

禁煙は、がん(肺がん、喉頭がん、口腔・咽頭がん、食道がん、すい臓がん、子宮がん、胃がん)、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、肺気腫、胃・十二指腸潰瘍、低体重児出生、新生児死亡、奇形、免疫能低下、骨粗しょう症、歯周囲炎、末梢血管閉塞症などの予防ができることが確かめられており、禁煙には大きなメリットがあります。

禁煙について

たばこ禁煙には様々な方法がありますが、注意しなければいけないのは、タバコをやめられないのは本人の意思もありますが、たばこをやめられない大前提は【病気】だからです。そのため、気合と根性でたばこをやめる気持ちも大切ですが、禁煙外来を利用するのもひとつの手です。禁煙を行うと、タバコを吸いたい欲求、イライラ、不眠、頭痛、だるさなどニコチンに対する禁断症状現れます。

禁煙の方法について

禁煙を行うと、ニコチン禁断症状は、数日後落ちついてきますが、どうしてもタバコを吸いたくなった時には、深呼吸、水を飲む、禁煙補助剤の使用などの方法があります。禁煙を成功させて健康的な生活を手に入れましょう。

スポンサードリンク