飲酒と健康について。適度なアルコールは健康増進に役立ちます

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

飲酒と高脂血症

お酒を上手に適量飲むことで、動脈硬化の進展や心筋梗塞の発症が少なくなります

ワインボトル
飲酒はたばことは違い【飲みすぎ】はからだに悪いですが、適量のアルコール摂取は健康につながります。
適量のアルコール摂取によってHDLコレステロール値の増加、血管の拡張作用、血管の内皮機能が改善されていきます。また、緊張感や不安感などを和らげ、ストレスを軽減する効果もあります。アルコールを適量摂ることは、むしろ動脈硬化には良いということが分かります。また、アルコールの適量の範囲で量が多いほど善玉のHDLコレステロール値が高くなるとされます。

アルコール摂取の注意点

アルコールの過剰摂取は、体に害になります。血圧、血糖値、尿酸値が上昇し、肥満の原因にもなりますので、ほどほどに控えるようにしましょう。また、高中性脂肪血症の人はある程度制限することが必要です。

スポンサードリンク