高脂血症治療薬の効果、効能について

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

薬物療法と高脂血症

高脂血症治療は、日本動脈硬化学会の動脈硬化性疾患診療ガイドラインが示す脂質管理目標値に達するように、3~6カ月間は通常、生活習慣を改善していきます。薬物療法が考慮されるのは、生活習慣だけではこの目標を達成できない場合になります。

薬高脂血症治療が行われる時には、なんでもかんでも薬物療法が行われるわけではなく、冠動脈疾患がないケースでは、食事療法、運動療法などを行いながら、コレステロール値や中性脂肪値を見ていきます。運動療法や食事療法を行っても、コレステロール値や中性脂肪値が目標値にならない場合に【薬物療法】が行われます。高脂血症治療の目的は、血液中の脂質値を低下させることではなく、動脈硬化性疾患の予防が原則です。そのため、高脂血症であってもそのはかの危険因子がなければ生活習慣の改善のみで少々高めの脂質値でも問題ありません。

積極的に薬物療法が行われるケースについて

薬物療法が積極的に行われるケースは、高脂血症以外の動脈硬化性疾患の危険因子をいくつ持っているかによります。積極的に薬物療法が行わるケースは下記の通りです。

冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)を伴う高脂血症のケース
家族性高コレステロール血症のケース
高危険因子を複数合併しているケース
虚血性心疾患の既往のあるケース(動脈硬化性疾患発症を予防の為)
糖尿病や虚血性心疾患のケース

高脂血症の治療薬について

高脂血症治療薬は、大きく3つに分けられます

コレステロール値が高い場合に使われる薬
中性脂肪値が高い場合にお使用される薬
コレステロール、中性脂肪の両方の値が高い場合に使われる薬

定期健診と薬の効果の確認について

主治医の指示に従って、適切な治療、投薬を受けることが最重要です

薬のイメージ高脂血症で薬物療法を行うには、薬の種類や量は、高脂血症症状の状態を見ながら変えていく必要があります。高脂血症の治療は長期になりますので、定期的に血液検査を受け、血清脂質の変化を調べ、処方されている薬の効果を調べてもらう必要があります。服用中のお薬を急に止めてしまうと、血清脂質が一気に上昇しまうケースが多いため、コレステロール値が安定してきたからと、お薬の服用を中止したりする事はやめましょう。高脂血症の薬物療法は医師の指示に従い、適切な投薬、治療を受ける事が大切になります。

スポンサードリンク