リポタンパクの効果と種類について

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

リポタンパクの効果と種類と高脂血症

脂質が血液に溶け込むことができるのは、タンパク質の一種である【アポタンパク】と脂質の一種である【リン脂質】が、コレステロールや中性脂肪を包み込み【リポタンパク】という状態となって、血液になじみやすくさせているからです。

リポタンパクの作用について

リポタンパクリポタンパクとは、血液に脂質をなじませやすくする物質です。脂肪は体にとって重要な働きをする栄養素のひとつです。
そのため脂肪は全身に血管を通り送られる必要があります。しかしながら、血液の大部分は水のため、脂肪はそのままでは血液にとけ込むことはできません。それを可能にするのが【リポタンパク】です。
リポタンパクは、タンパク質の一種である【アポタンパク】と脂質の一種である【リン脂質】が、コレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)を包み込むことにより作られます。

リポタンパクの種類

リポタンパクは、大きさや比重の違いによって、次の5種類に分類されます。どのリポタンパクが増加しているかで高脂血症を分類します。

1
カイロミクロン
2
VLDL(超低比重リポタンパク)
3
IDL(中間型リポタンパク、またはVLDLレムナント)
4
LDL(低比重リポタンパク)
5
HDL(高比重リポタンパク)

リポタンパクは、それぞれ生成場所や結合しているアポタンパク、運んでいる脂肪の種類、割合、量が異なるとともに、違った役割を持っています。また、どのリポタンパクが血液中で増加しているかによって、動脈硬化症に陥る危険度も異なってきます。LDLやレムナントによって運ばれるコレステロールが増加することが原因で血清コレステロール値が高くなっているケースでは、動脈硬化症に陥る危険性が非常に高くなり、治療が必要になりますが、HDLにより運ばれるコレステロールが増えて数値が高くなっている場合は、必ずしも動脈硬化症がおきやすい状態とはいえず、すぐには治療の対象になりません。LDLがコレステロールなどの脂肪を組織に供給する働きをするのに対し、HDLは余分なコレステロールを組織から受け取って再び肝臓に戻す役割を持っています。HDLは細胞から余剰コレステロールを体外に排泄(逆転送)する仕組みの中心的な存在ともいうべきリポタンパクになります。逆転送が活発に行われると、動脈にたまったコレステロールがしだいに抜けていって、動脈硬化も改善されます。そのためLDLコレステロールを「悪玉コレステロール」、HDLコレステロールを「善玉コレステロール」と呼んだりもします。

スポンサードリンク