リポタンパク代謝。高脂血症と関わりの深い【リポタンパク】について

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

リポタンパクの代謝

リポタンパク
リポタンパクは、小腸と肝臓で生成されます。小腸細胞は、食事から消化吸収の過程で体内に取り込んだ脂肪を運ぶためにリポタンパク(外因性リポタンパク)を作ります。
肝細胞は、体内で合成したコレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)を運ぶためのリポタンパク(内因性リポタンパク)を作ります。

カイロミクロン(小腸で作られるリポタンパク)

カイロミクロンは、リポタンパクの中で最も大きく、中性脂肪(トリグリセリド)をたくさん持っています。そのため、比重は水より軽く、リポタンパクの中ではいちばん軽量です。
食事中の脂肪は、小腸から吸収されたのち、このカイロミクロンに乗り、いったんリンパ管を流れたのち、胸管を通って血流に入ります。血流に入ったカイロミクロンは、血管壁に存在するリポタンパクリパーゼ(LPL)という分解酵素の作用をうけ、カイロミクロン中のトリグリセリドはしだいに脂肪酸とグリセロールに分解され、粒子から離れていきます。この過程でカイロミクロンは、トリグリセリドを失い、小型化し、カイロミクロン・レムナントになり、そのほとんどは肝臓に取り込まれます。
こうして食事中にとり入れた脂肪は、その一部が遊離脂肪酸としてエネルギーに使われ、残りは中性脂肪に再合成されて脂肪組織に蓄えられます。カイロミクロンの代謝時間は早く、健康な人では、早朝空腹時にはすべて血中から消失しています。

VLDL(肝臓で作られるリポタンパク)

肝臓で糖質や脂肪酸を材料に合成されたトリグリセリド(中性脂肪)は、超低比重のVLDLというリポタンパクを作って、直接血液に分泌されます。分泌されたばかりのVLDLは、トリグリセリドがたくさん詰まった粒子ですが、カイロミクロンと同様にLPLと呼ばれる酵素によって、その中のトリグリセリドが分解され、脂肪酸を体内の各組織に配りながら血液中を流れます。その過程でVLDLは小型化し、IDL(VLDLレムナントとも呼ばれる)になります。IDLの約半分は再び肝臓に取り込まれますが、残りの半分は粒子中のトリグリセリドがさらに肝性リパーゼという分解酵素の働きにより分解され、粒子から離れ、LDLと呼ばれるコレステロールに富むリポタンパクに変化します。こうしてコレステロールは、LDLという乗り物に乗せられて、末梢組織へ運ばれていきます。末梢組織まで運ばれたコレステロールは、LDLが細胞表面のLDL受容体と結合して細胞の中に取り込まれることで、一緒に細胞の中に取り込まれます。70%は結局、末梢細胞で使われず再び肝臓に戻り、そこで代謝され、血中から消失します。このように、私たちの体は、食事で摂取したり体内で作ったりした脂質のうち、エネルギー源となる脂肪酸の貯蔵庫であるトリグリセリド(中性脂肪)をリポタンパクを使って各組織に分配しながらコレステロールも送り届けています。この働きによって、それぞれの組織にコレステロールが潤沢に供給されているわけです。

HDL(高比重リポタンパク)

肝臓で作られたコレステロールを全身にくまなく運ぶ運搬役が低比重のLDLであるのに対し、逆に組織から余分なコレステロールを回収して肝臓に戻す役割を担うリポタンパクがHDLです。

HDLは、次の2つの方法で作られる

カイロミクロンやVLDLなどが血中で分解され粒子が小さくなる過程で、それらからはがれた表面成分(アポタンパクAIとリン脂質の結合体)から作られる
直接、肝細胞で作られ、血中に放出される

HDLは生成直後には円盤状ですが、余ったコレステロールを組織から回収しながら球状の成熟型HDLに成長します。組織にコレステロールを送り込むLDLが多くて、回収するHDLが少ないと、動脈壁にコレステロールがたまって動脈硬化が進行することになります。そのため、LDLで運ばれるコレステロール(LDLコレステロール)を悪玉コレステロール、HDLで運ばれるコレステロール (HDLコレステロール)を善玉コレステロールというような呼び方をしますが、LDLそのものが悪ではないことに充分注意してください。LDLとHDLの両者がバランスよく働いてこそ、私たちの健康は保たれるのです。

スポンサードリンク