高カイロミクロン血症の食事療法について

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

高カイロミクロン血症と高脂血症食事療法

高カイロミクロン血症のケースで食事療法を行うには、脂質の制限をさらに強化し、見かけ上は脂肪を全く使わない食事を心がける必要があります。
肉類はヒレやささみを使います。魚は白身を主に使い、エビやカニ、貝類などを利用します。
高カイロミクロン血症の食事療法では、脂質の極端な制限が行われるため、ご飯やパンの量を1.2~1.5倍程度食べることにより一日のエネルギー量を確保する事になります。カイロミクロンの生成を抑える中鎖脂肪酸(MCT)製品を使うことも考慮します。ケトン体が上昇しないように注意が必要なので、使用については医師と相談しましょう。

スポンサードリンク