ジョギングの健康効果には健康増進や生活習慣病予防などの効果があります

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

ジョギング(運動療法)

無理なく10分間持続できる程度のスピードで、少しずつ時間を延ばしながら1回あたり20~45分、週に3回程度を目安に行いましょう。

ジョギング
無理のない程度のジョギングには、心肺機能向上、持久力向上や高脂血症、糖尿病、高血圧症、肥満などの生活習慣病を予防してくれる効果があります。また、ジョギングは軽い駆け足のことで、ランニングではありません。ですから、健康にいいからということで、頑張りすぎてしまう事は禁物です。どうしても、ジョギング効果を高めようとするあまり、無理をしすぎる傾向にあります。走行スピード(強度)や走行距離に注意が必要です。また、ジョギングをする前にはウォーミングアップが大切です。人間の体は年齢とともに、からだの柔軟性が低下しています。このような状態でいきなりジョギングを始めると、筋肉や関節に大きな悪影響を及ぼしますので注意をしましょう。

スポンサードリンク