高脂血症の予防や改善に役立つ、水中運動のすすめ(運動療法)

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

水中運動(運動療法)

水中運動は、脂質の利用率が高く、高脂血症の改善、健康維持、増進に繋がります

水泳水中ウォーキング、水中エアロビクス、水中ジョギングなどの有酸素運動は、脂質の利用が高いため、有酸素運動でスタミナがつき、体脂肪を効果的に燃焼させ、血管の収縮・拡張機能が高まり、体温の調節機能が向上します。また、血液循環が促進しリラックス効果もあります。楽しみながら、無理をせず、正しい方法で行うことが事が大切です。水の特性を生かし、音楽に合わせて手足を動かす【水中エアロビクス】や【水中ジョギング】、水中での体操、ジャンプなど、通常では負荷が大きすぎる運動も水中では過負荷になりません。このような運動を脈拍数110~130拍/分程度の運動強度で行います。週に3日程度行うように心がけるといいでしょう。

水中運動の方法

水中運動の前後ではそれぞれ10~15分程度ずつかんたんなストレッチングを行います。準備運動では、ストレッチングの後、軽い体操や手足の振り、その場跳びなどを行って身体をほぐします。整理運動ではゆったりとしたリラックスした気分で、少し長めのストレッチングを行うようにしましょう。ゆっくりとした歩行から始めます。身体が運動に慣れてきたら(約10分後)、脈拍数110~130拍/分程度の運動強度で歩きます。もし水中運動の正しい方法を間違いなく行う方法として、最近ではスポーツジムなどにて、水中運動のクラスなどもありますので、参加してみるのも良いでしょう

スポンサードリンク