高脂血症は脂質異常症のひとつです。高脂血症が脂質異常症に改名された理由

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

脂質異常症と高脂血症

日本動脈硬化学会では、2007年にガイドラインの改定により、高脂血症という名前を脂質異常症と改名されました

調べごとをする
高脂血症は脂質異常症と2007年の日本動脈硬化学会のガイドライン改定により改名されました。高脂血症と名前がつけられたのは、血液中の脂質が多いことにより、動脈硬化を引き起こす原因になる事が問題視されていたことからです。
動脈硬化を引き起こす危険性から、中性脂肪やコレステロール全体の値が高過ぎるのが問題だとされていましたが、コレステロールの中の、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールは、低い値つまり少な過ぎることが身体に悪影響を及ぼすことがあるため、「低HDLコレステロール血症」という病態も動脈硬化の原因として重要なことから、単に「高脂血症」といった、コレステロールや中性脂肪が高い値のみを問題にすることはできないと考えられ脂質異常症という名前に改名されました。

脂質異常症の分類について

専門的に脂質異常症を説明する場合には、もっと厳密で細かい分類がなされます。高脂血症には、いくつかの病態があり、原発性高脂血症と呼ばれる高脂血症や、続発性高脂血症と呼ばれる高脂血症の中でさらに分類されているものもあります。
脂質異常症とは、脂質の身体の中での適切な働きがなされているかどうかが、問題なので、脂質異常症の中には【低脂血症】という病態もあります。

低脂血症

「低HDLコレステロール血症」はこの低脂血症という病態に分類されます。この低脂血症の中にも、やはりいくつもの分類が存在しています。また、高脂血症、低脂血症以外の脂質異常症もあり、これらを含めて脂質異常症の名称分類が、専門的にはなされています。

スポンサードリンク