高脂血症の治療薬服用の飲み合わせ、飲み忘れや副作用などの注意点について

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

お薬服用の注意点【高脂血症薬物療法】

高脂血症治療で、薬物療法を行う時には、、食事療法と運動療法を継続的に行う必要があります

お薬の飲み方と考え方

お薬を飲む
薬を飲んでいるから大大丈夫。こんなふうに思っている高脂血症の患者さんがいらっしゃるのであれば考えを変えなければいけません。なぜならば、強い薬をどれだけしっかり飲んでいても、食事療法と運動療法が疎かになっていては、お薬の効果が十分に得られないためです。そればかりか、食事制限をまったくしなければ、高脂血症が悪化する事もあります。薬物治療を始めたら、治療薬を何があっても飲み続けなければならなくなる訳ではなく、食事療法と運動療法をきちんと行い、血液中の脂質の値が十分に低下すれば、薬物療法を中止する事ができるようになります。高脂血症を放置して動脈硬化性疾患を発症させないためにも、必要があればお薬を内服して、徐々に生活習慣を改善しながらお薬をやめていくようにしましょう。

継続して治療薬を服用する必要のある方

虚血性心疾患、糖尿病の方は、総コレステロール値やLDLコレステロール値がそれほど高くない場合でも【スタチン】や【フィブラート系薬剤】などを内服することで、心筋梗塞の予防に有効であることが分かっています。このような方は、継続してお薬を内服した方がよいでしょう。

薬の飲み忘れについて

薬の飲み忘れに気がついた時は、その時点で1回分を飲みます(次の服用時間に近い場合は飲まないで1回とばします)。1度に2回分を飲むことは絶対にしないでください。

お薬と飲み合わせの注意点

複数のお薬を内服している場合、薬の飲み合わせに注意が必要です

薬複数のお薬を内服している場合、お薬の飲み合わせに注意をしなければいけません。お薬の飲み合わせが悪いと、お薬が効きすぎたり、逆に効かなくなったり副作用が出やすくなったりします。特に、スタチンの一部では、マクロライド系の抗生物質(エリスロマイシンやクラリスロマイシン、テリスロマイシンなど)と一緒に内服することでスタチンの血液中の濃度が上昇する場合があります。比較的処方されることの多い抗生物質のため、スタチン内服中の患者さんは注意が必要です。サプリメントには高脂血症治療薬と同じ成分を含むものがあります。EPA製剤を内服中の患者さんは、サプリメントにEPAやDHA、魚油が含まれていないかどうか注意する必要があります。また、紅麹にはスタチンと同じ成分が含まれています。従って、紅麹を含むサプリメントではスタチンと同じ副作用が出る可能性があるため、紅麹とスタチンを両方摂取することは、スタチンの副作用がより出やすくなると考えられるので避けてください。

薬の副作用がでたら

体に異変を感じたらお薬を飲むのをやめ、すぐにかかりつけの医師に相談しましょう

高脂血症治療薬は長期間飲むことを考慮した薬のため、重大な副作用の頻度はそれほど多くありませんし、飲むことを中止してすぐに、命にかかわるような状態にはなりません。肝機能や腎機能の悪い方、高齢の方は、薬の副作用が起こりやすくなります。特に、スタチンやフィプラート系薬剤でまれに認められる【横紋筋融解症】という筋肉が破壊される副作用は両者を併用していて、腎機能の低下している患者さんで発症の危険性が高くなります。すぐに対処すれば大事に至りませんが、放置すると急激に腎機能が悪化し、死に至る可能性の高い副作用です。強い筋肉痛や筋力の低下、むくみ、コカコーラ色の尿が出た場合は、お薬の内服をやめてすぐに医療機関を受診してください

指示された量の薬を服用する

高脂血症の治療薬は、内服薬で、高脂血症のタイプや症状の程度に応じ、薬の量と服用回数、服用時間が決められます。薬物療法で一番大切なことは、決められた服用時間と量を守り薬を摂取する事です。薬の服用を突然中止した場合、血清脂質が一気に上昇をしてしまい、高脂血症の症状を悪化させる原因となりますので注意が必要です。

スポンサードリンク