高脂血症の症状や食事療法など高脂血症専門サイト

高脂血症

高脂血症高脂血症高脂血症の原因高脂血症の原因高脂血症の診断基準高脂血症の診断基準高脂血症の検査高脂血症の検査高脂血症の食事療法高脂血症の食事療法高脂血症の運動療法高脂血症の運動療法

高脂血症

高脂血症とは

高脂血症とは【脂質異常症】のひとつ、血液中脂質濃度が高い状態の疾患です

医者高脂血症とは、脂質異常症のひとつです。この脂質異常とは、からだの中の脂肪がうまく代謝できない状態の疾患の総称で、からだの代謝がうまくいかない事が原因で脂質異常が起こるため、高脂血症は、様々な病気の原因にもなっています。たとえば高脂血症は、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、メタポリックシンドローム、糖尿病、高血圧症など成人病といわれるさまざまな病気を引き起こす原因だと言われています。高脂血症は、動単に脂質の多さによって、肥満の度合いが標準から大きく外れたり、血液中の濃度が問題ではなく、動脈硬化などの疾患の原因になる事が問題です。高脂血症は生活習慣と高脂血症は大き関わっており高脂血症を知り、予防と対策をする事が大切になります。

高脂血症の診断基準

血漿中脂質でコレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)のどちらかが正常範囲を超えた状態を【高脂血症】といいます

上限(空腹時)
コレステロール220㎎/dl・LDLコレステロール140㎎/dl・中性脂肪150㎎/dl
下限
HDLコレステロール値40㎎/dl

高脂血症の症状

高脂血症は、自覚症状がほとんど何もない疾患です

高脂血症は、自覚症状が現れないのが特徴です。自覚症状が現れないことにより、健康診断などで脂質の検査を行うまで高脂血症だと気付かないまま数年が経過しているケースが多い。高脂血症を指摘された方の家族内調査を行ってみると、新たな高脂血症患者が見つかることもよくあります。
高脂血症と診断された人は、家族の血清脂質も検査することをお勧めします。高脂血症から動脈硬化を招き、さらには狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な病気となってしまうこともありますので、注意が必要です。
自覚症状を感じるのは、高脂血症による合併症になってからです。そのため血液検査の結果、高脂血症とされても、自覚症状がないために、放っておく人が見られますが、高脂血症を放置しておくことは様々な合併症の原因となるため危険です。高脂血症は稀には、脂質が皮膚に沈着して発疹のような固まりを形成したり、できもののような「結節」と呼ばれる「腫れ」を形成することがありますが、あくまでも特殊な例でもあるので、自分で判断はせずに、医師の診断を受けましょう。

高脂血症の原因

高脂血症の殆どの原因は、生活習慣と遺伝の相互作用です

高脂血症には、さまざまなタイプがあり、原因も一様ではなく①遺伝的要因、②他の病気、③生活習慣などが相互に関わって発症します

遺伝的要素によるもの
他の病気(糖尿病、腎臓病、甲状腺機能低下など)や薬物が原因となるもの
食事や運動不足など、生活習慣がもとになって発症するもの

遺伝的要素による合を「原発性」あるいは 「一次性」高脂血症といい、他の病気や生活習慣による場合を「続発性」あるいは「二次性」高脂血症といいます。このうち、③の生活習慣から高脂血症の重症度に何らかの影響を受けているものが、全体の8割を占めているといわれて示ます。

高脂血症と動脈硬化

高脂血症は、動脈硬化を促進することが分かっています。私たちの身体の中の動脈にコレステロールが異常にたまってしまい、その状態が長く続くと血管が病的に硬くなったり、血流が悪くなったりすることで、さらにさまざまな病気につながります。そして、その病気の中には、心臓の血管が詰まって心臓が正常に働かなくなる心筋梗塞や、脳の血管が詰まって身体の機能に障害を残す脳梗塞など、とても重大な結果になりかねない病気になる可能性が高いのです。

高脂血症治療の目的

高脂血症を治療する最大の目的は動脈硬化の進行を抑え、心筋梗塞や狭心症、脳血管障害、閉塞性動脈硬化症などにならないようにすること、再発を防止することにあります。また、まれですが、動脈硬化ではなく、急性膵炎を発症させるタイプの高脂血症もありますから、その予防や再発防止も重要な目的といってよいでしょう。

高脂血症の食事療法と運動療法

高脂血症治療は、食事療法と運動療法から始まります

野菜セット高脂血症の治療で、最初に行われるのは「食事療法」「運動療法」です。
食事療法や運動療法をしっかり実行して血清脂質が適正化されれば、時間的、経済的負担を軽減することができ、薬の種類や量も少なくすることができるため重要視されています。
生活療法は脂質代謝異常を肥満症など、他の動脈硬化危険因子のレベルも下げることになり、いろいろな面でたいへん有用です。これまでの調査によれば、冠動脈疾患の発症予防を考え、食事療法が効果を上げるためには、血清コレステロール値をおおむね10%以上低下させた状態を10年以上維持させる必要があります。このことを念頭において、食事療法に専念し、かつ継続させることが非常に大事です。高脂血症の食事療法や運動療法を始めるにあたって最も大切なことは、最初から自分自身の生活歴や日常の生活習慣、環境を見直し、飲酒や食事など、改善点を医師や栄養士とともに見直すのがよいでしょう。特に、摂取エネルギーや脂肪量を制限するのは効果的です。

スポンサードリンク

今月の栄養

ビタミンB2の効果効能

ビタミンB2の不足は、口内炎や口角炎または目の充血などの症状の原因になります。B2欠乏でまず症状があらわれるのは、唇や舌、目などの粘膜になります。肌荒れや髪のトラブルをおこしやすい人もビタミンB2不足に注意しましょう。